不動産に関する情報を掲載しています

埼玉で不動産売却:税金について知ろう

埼玉で不動産売却:税金について知ろう 埼玉県は、東京近郊のベッドタウンとして不動産の人気が高い地域です。
特に最近では、私鉄の相互乗り入れで、埼玉県から東京を経て神奈川県まで直結、より実用性が増しています。
最近の不動産価格は、全体相場よりも、人気の地域に需要が集中する傾向があり、買った金額を上回ることも夢ではありません。
不動産売却は、多くの人にとって年収の数倍にもあたる高額の取引、経験する機会も限られていますが、税金の知識は資金繰りと手取り金額に直結します。
不動産を売却すると、分離課税と行って、給与などの他の所得とは分離して税金の計算をします。
分離課税の譲渡所得には、売却の状況に合わせた様々な特例があるのが特徴で、特例を活用することで節税が可能です。
 売った物件がマイホームの場合と、投資用の場合で課税の特例の適用が異なり、一般的にはマイホームのほうが課税上優遇されます。
 マイホーム(居住用)では売却益から3000万円の特別控除や軽減税率の適用があるほか、損失が出た場合にも、給与などの他の所得から差し引く損益通算が可能です。
 売却の際、仲介手数料などの費用は売買代金から同時に清算しますが、税金は翌年の確定申告で支払うので、あとから思わぬ出費になることもあります。
 納税額は売却を決める前に試算しておくと安心です。

埼玉で不動産売却:売却シミュレーションを行うべき理由

埼玉で不動産売却:売却シミュレーションを行うべき理由 埼玉で不動産物件を売却する場合には、まずはシミュレーションを行うことが大切であるといえます。
いきなり売却の契約を結んでしまうのではなく、シミュレーションをすることによって、いろいろと見えてはいなかった課題が浮かび上がってくるものです。
まずは、不動産の適正価格がいくらなのかということを知る上で、シミュレーションは重要といえます。
この過程で、ひとつの不動産会社だけではなく、埼玉県内の複数の会社から査定をしてもらうなどすれば、比較検討の結果として、適正な価格帯がいくらなのかが把握できるはずです。
これによって、相場よりも不当に安い価格で売却してしまうといった失敗を、未然に防ぐことができます。
また、売却の際の費用をたしかめるという意味でも重要です。
売却にあたって、売却金額そのものが手取りとしての利益になるとは考えないほうがよいものです。
通常であれば、仲介手数料、印紙代、登記費用、リフォーム費用など、さまざまな費用がかかります。
こうした費用を差し引いた上での残りが売却による利益ということになり、さらには譲渡所得税のような税金がかかる可能性もあり、それらを踏まえた上での行動が求められるものです。